不動産相続でお困りの方

つばさ資産パートナーズの特長

私たちは先ずご依頼者のお悩み、不安に思っておられる事をお聞きいたします。
内容をお聞きした上で、ご依頼者の思いを最大限に優先した方法を考えていきます。
パートナーして不動産オーナーとそのご家族が、物心ともに豊かな人生の実現を果たせるために貢献することが私たちの使命です。
「相談者が自分の家族だったら?」という視点でご提案しています。
つばさ資産パートナーズ つばさ資産パートナーズでは、不動産相続コンサルティングを行うにあたり、税理士、司法書士、弁護士、土地家屋調査士、FP、設計事務所、建築会社とチームを組み、安心して資産承継を行えるようサポートしていきます。
安心してご相談ください。

コンサルティング内容

弊社の業務範囲

弊社の業務範囲
  • 相続診断業務(現状分析から対策提案)
  • 権利関係調整業務(共有不動産、底地、借地、築古アパート建替え)
  • 土地測量サポート(土地家屋調査士)
  • 遺言作成、任意後見、家族信託活用サポート(司法書士)
  • 不動産仲介業務(売買、賃貸)
  • 不動産賃貸管理業務
  • サブリース業務(空室借上げ)
  • リノベーション工事
  • 資産組み換え提案
  • 不動産投資分析業務
  • 土地有効活用提案

不動産相続対策について

不動産相続対策について
不動産相続対策というと、相続対策で賃貸マンションを建てて財産評価を下げて「節税」するという手法が代表的です。
しかし、「節税」を第一に考え対策を考えていくと、ご家族が争うこと無く、分割、承継していく事が難しい事が多くなる事もあります。
奥さん、お子さん2人の3人の相続人がいれば、3人に資産をどう分割するか、相続後も納税がきちんと出来るか、そして分割、納税に基づいた節税対策が出来ないかという順番で、考えていく事が争わない相続になるのではないでしょうか。
賃貸マンションを建築する事で土地、建物の財産評価は50%から60%に確かに下がります。
しかし、30年先、40年先を考えた上で、賃貸経営をやっていけるのか。無理な借金を抱えて数十年先も返済が出来るのか。
中長期の視点に立った対策でないと、資産を引き継いだご家族が困る事になります。

テクニックだけの節税対策でなく、「ご家族への思いやり」や「夢」や「希望」を第一に考える事で、ご家族に心の豊かさを感じてもらう事が出来るのではないでしょうか。

コンサルティング内容

相続財産の半数以上を占める不動産(土地、家屋)

相続財産の半数以上を占める不動産(土地、家屋)
現金5000万円は、時価も財産評価も当然同じ価値です。また分割するにも何の問題もなく、分ける事が出来ます。
不動産の場合はどうでしょうか。
時価で5000万円の一戸建て(土地、建物)は、2分割にする事は出来ません。
共有名義にする事も出来ますが、後々トラブルの原因となりがちです。
兄弟で共有名義にしている場合、一人が「売りたい」と言っても、もう一人が「嫌だ」と言えば、売る事が出来ません。
次の相続の時に、ご兄弟のお子さん達に引き継がれていきます。
お兄さん、弟さん双方に、子供さんが二人いると、一つの戸建てに合計4人の共有名義といった状態になります。4人の方が同じ意思決定を行わないと、売却する事も活用する事も出来ません。
不動産は所有者の数が多くなればなる程、揉める要素が強くなるのです。

不動産相続でお困りの方

カテゴリーメニュー