経営 2018年06月26日

つばさ資産パートナーズの強みとは

「自社の強みは何ですか?」と聞かれたときに的を得た返答ができる会社って、
どれくらいあるでしょうか。

こんな会社です!と説明する意味もあり、整理してみました。

端的に言うと、不動産コンサルティングを行いながら、不動産業務を行う会社です。
特に、不動産オーナーの相続対策、不動産の運用・活用を得意としております。






相続に強い専門家とチームを組んでいることもつばさ資産パートナーズの強みです。
税理士さんと言っても、皆が資産税に強いというわけではありません。


不動産は、局面で税金や金額が変わってきます。
売ると譲渡税(法人であれば法人税)。所有していると固定資産税。購入すると
不動産取得税。贈与すると贈与税。相続時は相続税。


市場で売却すると時価、相続時は相続税評価、固定資産税の算出は、
固定資産税評価額。また、公示価格という価格もあります。
いろいろな価格があることが不動産は難しいと言われる所以です。

節税対策で賃貸不動産を活用することが多くありますが、賃貸不動産を所有すると、
この先の空室率、リフォーム費、大規模修繕費、ローン返済額を見たうえで、
どれだけキャッシュフローが手元に残るのかを見ていく必要があります。

節税は出来たけど、その後の運用でつまずき、10年後に売却した時には、節税額以上に
損失をしたというケースもよく聞きます。

また、将来の売却金額を予測することも必要です。将来の売却金額の予測は、賃貸不動産の
運用面や、相場を理解していないと出来ません。


相続時は相続税評価額で計算が出来ますが、都心部では、時価と相続税評価に乖離があることが多いことも士業の方が難しいと思われている所です。


不動産承継や運用の知識と経験、技術を活かしながら、不動産オーナーにアセットマネジメント的なサポートとコンサルティングを行えることが、他の不動産会社には出来ない、つばさ資産パートナーズの強みだと思っております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社つばさ資産パートナーズは
不動産相続・不動産運用・賃貸不動産再生・土地活用のコンサルティングを行っています。
お問い合わせはホームページから→【お問い合わせフォーム】

【つばさ資産塾】7月21日開催!!
今回は
「失敗事例から学ぶ 不動産の運用・活用・承継の5つのポイント」
講師:株式会社つばさ資産パートナーズ 代表取締役 岡原 隆裕



詳しくは

▼つばさ資産塾

カテゴリーメニュー