相続・資産承継 2018年06月6日

不動産相続コンサルティング(大阪)

相続人はお子さんお二人(長男、二男)。長男さんに少し障害があり、相談者の
お父さんがお亡くなりになった後、長男さんのことが心配とのこと。





資産承継の対策は法人化、遺言等も検討していましたが、信託を中心に
進めていくことになりそうです。


申告書、預貯金、借入、保険関係を確認して毎月のCF(キャッシュフロー)をみてみると、
毎月のCF(キャッシュフロー)があまり手元に残らない。生活費の事も考えると現預金が減っていく状況です。


相続税額の試算(税理士さんに依頼)を見てみると、借入の返済が
減っていくにつれて、急ピッチで相続税額がUPしていってます。

このまま何もせずに放置しておくと、相続税額は4000万を超えていきます。
これは「まずい」ということで、長男さんの事も考えた資産承継対策、
CF(キャッシュフロー)をUPしていく対策、相続税対策を並行して進めていくことになりました。


この家主さん、今まではやらなあかんなという思いは持っていましたが、
なかなか実行に移せませんでした。しかし、相続税額の数字を見て、


「いろいろな提案、アドバイスを受け、考えた結果、このプランが最善かなと思うので、
進めるわ」とようやく一歩踏み出していくことに決心をして頂きました。


嬉しい瞬間!


これからは、相続対策を専門家の方とタイアップしながら、家主さんの想いをカタチに
していくことが私の重要な役割です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社つばさ資産パートナーズは
不動産相続・不動産運用・賃貸不動産再生・土地活用のコンサルティングを行っています。
お問い合わせはホームページから→【お問い合わせフォーム】

【つばさ資産塾】7月21日開催!!
今回は
「失敗事例から学ぶ 不動産の運用・活用・承継の5つのポイント」
講師:株式会社つばさ資産パートナーズ 代表取締役 岡原 隆裕



詳しくは

▼つばさ資産塾

カテゴリーメニュー